カテゴリ:活動記録Ⅱ( 1 )   

活動記録Ⅱ   

<12月30日(金)>2005年活動終了黒川窯餅つき
14:30~16:30
 今年最後の集まりは、黒川窯での餅つきです。9人が集まりました。
石臼に杵。見たところ、餅つき経験者は3名のようです。
良い音で餅を搗きますが、「ハイ!次のかた!」という声が、案外早く出ます。やはり・・・ネ。
なかで、4歳の桃ちゃん(MOMOKO)、Mさんのお孫さん、今日の花だったかな。

e0049740_19533233.jpge0049740_19535112.jpg









e0049740_19551432.jpg

e0049740_1957394.jpge0049740_19575887.jpg








餅つきが終わり、それぞれが家庭への持ち帰りの餅が入った箱を持ち、
「お世話になりました、良いお年をお迎え下さい」と言葉を交し合いながら家路につく。
毎年、あちこちで見られる何ともいえぬ良き光景であります。
この瞬間、色々あったはずの1年も、何もなかったかのごとく静かに過ぎ去り、新しい年へと向かって行くのですね。   
今年の菊炭友の会の活動記録も、これで最終です。 良いお年をお迎え下さい。


<12月29日(木)>2005年支援活動最終日 
 8~17時
 名月窯及び黒川窯ともに50年とも100年振りともいう大雪にも大きな影響を受けずに、予定通り、今年最終の窯に火を入れ、順調に焼ければ、年明け早々(5日)に炭を出せる体制がとれたこと、多少とも関わった私達にとっても大変嬉しいことです。
 原木伐り出しのルート造り、原木の伐採、枝払い、玉切り、山からの搬出という過程を経て、2005年最終の窯入れの日を迎えました。
 今日、黒川窯では、午前中は今年最後の炭を出し、来年最初の炭になる原木を窯に入れ点火しました。
午後は、来年最初に窯に入れる原木の積み出しと、その後の準備のため山へ入りました。ポイントだけを写真で紹介します。
今年、最終の炭が窯から出されました。そっと手渡しします。
この時、窯の中の温度は80℃はあるでしょう。
e0049740_2053137.jpge0049740_2055673.jpg










e0049740_2092594.jpg

炭を出すと、窯の温度が下がらない内に、次に焼く原木が入れられます。
窯の中2名、外2名です。 ベルトコンベアーが助かります。






e0049740_2016012.jpg
搬入された窯の中の原木。
窯の中は4.1m四方、高さ2m。6畳間を少し上回ります。
  原木の重量4t、炭になると800Kgになります。
おそらく、日本一大きな窯でしょう。




e0049740_20332555.jpg



今年最後の点火です。









e0049740_2036119.jpg

点火後、6時間。順調に燃えています。









e0049740_21524625.jpg

今、クヌギを伐採している所からの風景です。南に、近くは東ときわ台、そして、目視では大阪湾から紀伊半島まで見える、心和む場所ではあります。




e0049740_21552324.jpg
 ここでも、大きな台場クヌギがありました。そして、やはり連立しています。
鹿の食害を避けるために台場にしたと言われていますが、最近、私は疑問を持ち始めています。鹿の食害を避けるためであれば、こんなにまで背を高くする必要はないはずです。

 どなたか、この件に関して何らかの情報をお持ちでないでしょうか?

こんなに高い位置で伐るという危険を冒すだけの如何なる理由があったのか、とても好奇心がそそられます。




機械力を使って、伐採したクヌギを引き出し、チェンソーで1mに玉切りします。
e0049740_221842100.jpge0049740_22222293.jpg







その後、キャタピラのついた運搬車で山から運び出します。このあたりのことについては、別の機会に取り上げることがあるでしょうから、今回はこの程度で終わりとします。


<12月23日(金)>妙見演習林納会  
10時~15時
妙見演習林 
 妙見演習林は、私達が山仕事の実習をする場所です。
菊炭の原木のクヌギを伐り出すには総合的な山仕事の能力を要求されます。
炭焼シーズン以外(5月~11月)は演習林で実習活動をします。
今年は竹の間伐材を利用して、鹿の侵入を防ぐ防護柵を張り巡らせたり、林床に太陽光が入るようアラカシの大木、その他、常緑照葉樹の除伐などを実施しました。
 今の挑戦目標は一昨年の台風で倒れた木の処理です。 幹の直径30cmを超えるコナラの大木6本が倒れ、演習林の下の沢への道を塞いでいます。
コナラは根を大きく張らない為、大木になると他の木に比べ、風に弱いそうです。
本来なら倒れた時点ですぐに処理する方が伐り易いのですが、自信が無く放置してきました。枯れると木が硬くなり、伐るのがなお大変ですが・・・・  
 コナラは里山の代表的な樹木で、クヌギと同じく根元で伐採すると、新たなひこばえ(枝)が株立ち状に伸び(萌芽再生と言います)繰り返し使えます。昔は薪炭用に6~10年サイクルで伐採されましたが、今では椎茸のホダ木に利用される程度で大木になってしまったものをあちこちで見かけます。大きな台風の後、無残な姿を見ることになるのでは・・・ 
 風倒木の処理は危険な作業で、高度の技術を要求されます。
来年はそろそろ、その処理に挑戦しようと思います。
e0049740_203739.jpg

台風で倒れたコナラの大木です。
雪が積もっています。








 伐るだけではありません。今月11日には、アラカシを伐った後に、クヌギを10本植樹、その目印に、ヒノキの間伐材の輪切りを並べました。
演習林にはクヌギは1本もなかったのですが、クヌギ林を造ろうという魂胆です。
 22日にはMさんが能勢の山から柚子の幼樹を移植しました。桃、栗3年、柿8年、柚子は12年と言います。柚子の果実を収穫するのはMさんに間違いありません。「柚子の里」を造ると言うのですから。
e0049740_2021165.jpg










 







2005年納会
 納会前日にに大雪が降り、交通機関の乱れで参加できない会員が多く、18名で納会を実施しました。演習林内の整理も、雪のため思うに任せず、そこそこに懇親会に移りました。
猪と鹿肉の差し入れがあり、猪と豚肉を入れた、イノブタ汁に、メインデイッシュは鹿肉の菊炭網焼きです。鹿肉が大変好評でした。本当に美味かったです。 
 鹿肉を食べる文化を日本にも導入すべきでないでしょうか。鹿の天敵のオオカミがいなくなり、繁殖し過ぎて農家は鹿の害に悩まされています。菊炭の原木、クヌギも春先には新芽が鹿の食害に会います。人間がオオカミを駆逐したのだから、オオカミに変わって鹿の天敵役を果たしたらどうでしょう。
ニュージーランドで食肉用に鹿を放牧しているのを見て驚きましたが・・・
e0049740_20162073.jpg









贅沢にも、菊炭焼きです。














e0049740_20255890.jpg













e0049740_9365421.jpg

 最終は演習林村長Tさんの音頭で、手締めで今年の演習林活動を終えました。





e0049740_9382070.jpg

 上には明るく美しい空が見えました。

by cn1397 | 2005-12-24 16:58 | 活動記録Ⅱ | Comments(0)