カテゴリ:2006年5月活動記録( 1 )   

2006年5月活動記録   

<5月31日(水)>三者協議会開催 於:黒川共同会館 
19時~21時
 『里山ふれあい森づくり事業』の展開について黒川自治会・兵庫県・菊炭友の会の三者協議が開かれました。
自治会から会長はじめ、山係の役員5名、県から林業課長・主査の2名、菊炭友の会からは3名。合計11名の会合でした。
予定時間どうり始まり21時少し過ぎまで、若干、行きつ戻りつのところもありましたが、概ね菊炭友の会にとっては所期の目的は達した内容となりました。結果、18年度後期事業としてエントリー申請し、県の審査に委ねることとしました。
e0049740_9475047.jpg
この協議会が記念すべき出発点となるよう期待したいですね。

 協議会に先立って、菊炭友の会の3名は、もう1度予定地に入って見ました。前回、直進すべき所を引き返してしまった場所の確認です。
e0049740_9535365.jpg
e0049740_1013099.jpge0049740_102507.jpg           









 国道から降りるルートを辿った前回とは異なり、今回は黒川公民館側から登るルートを選びました。
予定地に入る所から右手(東)上を見ると国道が見えます。一般市民用には国道から降りるルートを整備する方が楽だろうと思えます。
 ところで、直進しようにも、(目の前の)沢を渡り、高さ3mはある笹薮が続き、下刈用の鎌1丁しか持っていなかったので、30分で5mも進まず、時間の関係で前進を中止しました。
 事業は、この周辺の笹を刈り、沢に橋を架けるところから始まりますね。

<5月28日(日)>『里山ふれあい森づくり事業』予定地視察
 菊炭友の会に大変な話が舞い込んで来ました。「川西市黒川の共有林に兵庫県では絶滅危惧種になっている桜『エドヒガン』」が沢山ある、それを守り且つ市民が楽しめる森づくりをしないか」と言うのです。「炭焼窯を造ってもよい。資金は全額県から出る」と大雑把に言えば、こういうことです。
 難しい条件が付くのでしょうが、まずは現地視察のため、今日8名で出かけました。案内人なしだったので、その候補地の一角には入り込んでいたようですが、帰宅後、山主に電話で確認すると核心部分には入れていませんでした。
雰囲気は分ると思うので、今日行けなかった会員のために報告します。
 まずは、国道477号線を妙見ケーブルから北へ、大阪府との境界50m程手前の道路右の広場に駐車しました。今後も、この場所に駐車することが多いと思います。
e0049740_2024272.jpg
国道から見た予定地です。全体では30ヘクタールあるそうです。
e0049740_2091991.jpg

予定地の一角から、国道側を見た風景です。
e0049740_20121460.jpg
予定地の一角です。話で聞いていた通り笹が繁茂しています。
e0049740_20144061.jpg
e0049740_20151535.jpg
途中、ボーイスカウトがキャンプを張っていました。そのような場所があることも聞いていました。下の写真の建物はキャンプの基地となる小屋でしょうか・・・。
e0049740_2022586.jpg
この小屋に向かって右へルートを取りましたが、すぐに行き止まりだと思い左へ迂回し予定地と思える一角に入りました。それはそれで30ヘクタールあるという予定地の中ではあったのですが、核心地は、右へ行って行き止まりと思った所をさらに直進した所だとのことです。
そのルートは明智光秀の時代の道路だったとか、少し先に茶屋もあったそうです。そして、炭焼窯の跡もあるとか・・。何となくワクワクして来ますね。
以前、Nさんが『黒川のエドヒガン』と言う写真を撮ってくれていましたが、それがこの場所です。その写真を再掲します。
e0049740_20363571.jpg

 何れにしろ、全く手に負えないという所でもなさそうなので、挑戦する方向で準備を進めることとします。


<5月15日(月)~17日(水)>富士が嶺自然観察会遠征
 歩む会主催の自然観察会に菊炭友の会のメンバー4名も参加、総員13名で山梨県富士河口湖町(上九一色村南部を合併)にある I さん所有の山荘を基点に富士山麓を散策しました。
e0049740_17225145.jpg
3日間山麓にいましたが、富士山がはっきり見えるのは限られた時間でした。
富士の北西・富士河口湖町からの眺めです。
柿田川
 富士に行く途中、静岡県清水町の柿田川に立ち寄りました。富士の伏流水が清水町の国道1号線のすぐ南で1日100万トンもの湧水として噴出します。豊富な水量と15℃前後の一定した水温、そのまま飲める水質により、柿田川周辺には、豊かな生態系が維持されています。
このような、都会の中心地で、これだけの自然が壊されずに残されていることが、とても嬉しく思えました。
e0049740_17544765.jpg
湧水群と言われるだけあり、あちこちから湧き出しています。
e0049740_17563234.jpg
e0049740_1804532.jpg


湧水源の一つです。






e0049740_9542427.jpg


水中の魚を狙うカワセミにも出会えました。






青木ヶ原樹海
 『昼なお暗い、おどろおどろしい森』というのが青木ヶ原樹海に足を踏み入れる前のイメージ、そして『森林浴のために散策するのに良い森』というのが出てきた時の私の印象でした。
 青木ヶ原は富士山北西の山腹にあり、約1100年前の噴火で流れ出した溶岩の上に出来た3000ヘクタールもある広大な大森林地帯です。ここを歩いたことは、私にとって、地衣類・コケ類の発生から始まった植物群落の遷移がどういうものか理解するのに大変役立ちました。
e0049740_18373286.jpg
下の2枚の写真で「溶岩の上に出来た森」ということが理解できます。
e0049740_1841572.jpg
e0049740_18413511.jpg

溶岩の上ですから、大きな樹を支えるだけの土がありません。樹海の中でも大木の内に入るのがこの写真の樹です。
e0049740_18461972.jpg
  火山噴出溶岩帯の、全く何もない新しい裸地から出発して1100年。ようやくここまで来た、しかし、まだまだこれから森は変化して行く。あるいは、また火山噴火で消滅するかもしれないというのが青木ヶ原樹海。
 自然は人間などと比べて及びもつかないほど悠久なんだとしみじみ感じ入りました。


<5月3日(水)>新芽観察
 いまや野山は新緑で燃えるがごとき美しさです。この時期、私達の気になる仲間はどうしているか? カメラを持って走ってきました。

まず、皆伐したクヌギ林
 今シーズン伐った能勢・田尻のクヌギ林。クヌギの伐り株を一つ一つ見ていくと、すごいですね、もう新芽がでていました。e0049740_16362326.jpg





既に5cmに成長しています。








e0049740_16374218.jpg




これは、芽が出たばかりのようです。


未だ芽が出ていない木も沢山あります。






e0049740_16392821.jpg


これは、何の木でしょう。
落葉広葉樹ですね。
萌芽再生しています。
クヌギより成長が早いですね。








 手前が、今シーズン伐った所です。向こう側は昨シーズン伐った所で、林床に緑が多くなっています。私が昨年6月に遭遇した鹿は、この右手の境目辺りにいました。会えるかなと思いましたが時間帯が違いました。昨年は15時頃、今日は11時でしたから。
鹿はほぼ定時で回遊しているそうです。
 向こう側の茶色のがクヌギです。未だ枯葉をつけています。
e0049740_16453067.jpg
この枯葉は大変な役割を果たしています。e0049740_16554316.jpg



枯葉の葉柄の基部に新芽が出ています。
枯葉が冬の低温と乾燥から、新芽を守っているのです。

若い木ほど、長く枯葉を残しているようです。








 昨年12月に黒川窯の窯主と植樹したクヌギの苗、先月(4月)中旬の状況です。
枯葉ばかりのようですが、そっと剥がすと内に新芽が出ています。山のかなり上なので、未だ気温が低いせいでしょうか、新芽を包み込むように枯葉が巻いていました。
e0049740_12532049.jpg

能勢・田尻のクヌギ林の林床を見てみましょう。e0049740_17111849.jpge0049740_17134015.jpge0049740_1712612.jpg









クヌギの実生が出ています。蝶が飛んでいます。花が咲いています。

次に昨シーズン、台場仕立てに伐ったクヌギ林
 能勢・北山辺のクヌギ林です。元気に成長しています。萌芽枝の上まで3mはあるでしょう。
e0049740_1721876.jpg
e0049740_17252660.jpg
新芽もしっかり出ています。

最後に、ドングリはどうなったでしょう
 黒川窯の窯主の呼びかけに応じて、11月に4000個のドングリを集め、植えました。先月末の状況は芽が沢山出ていました。しかし、途中で野鼠でしょうか、ドングリの跡形を残し、持ち去られた物が多く、6割位でしょうか、発芽しているのは。
 沢山集め過ぎたのでしょうね。「私の分は返しておくれ」と取り返しに来たのでしょう。
e0049740_12534939.jpg

 黒川は気温が低いせいでしょう、ドングリは写真では分りにくい程度の成長しかしていません。そこで、我が家の庭の隅に植えたのを見て下さい。
e0049740_17441438.jpg
50個ほど植えて90%位が今日現在、発芽しています。野鼠もここまでは取りに来ませんでした。e0049740_1751150.jpg

発芽したドングリです。
まず根が出て、それから双葉が出ます。
長い方が根です。

常に日当たりの良い所へ置けるようにペットボトルを利用し、植えた分はさすがに成長が良く、既に15cmになっています。(左下)



e0049740_1754275.jpg右下の写真は成木の新芽とドングリの新芽を比較した物です。当たり前のことですが、違いはありません。

e0049740_17583541.jpg










e0049740_19302763.jpg
おまけ・・・
台場クヌギの新芽です。
これは、野でも山でもありません。
川西市・東畦野の住宅近く、車が通る道路際に立っています。
台場部分だけで3mはあります。

この辺り、昔はクヌギ林だったのでしょうか。

by cn1397 | 2006-05-03 14:21 | 2006年5月活動記録 | Comments(0)