カテゴリ:2007年8月活動記録( 1 )   

2007年8月活動記録   

<8月31日(金)>桜の森78  製材機、薪割機、動力機器手入研修
9時30分~17時
 朝8時頃 「cats and dogs」と言うのでしたか、凄い土砂降り。天気図や衛星写真を睨み続けた結果の決断とはいえ、雨天決行にしたことを、後悔しました。
しかし、結果は大当り! 9時30分以降は、雨はピタリと止まり、時間的には少し遅くなりましたが、予定したことが全て消化出来ました。
 製材機と薪割り機のデモンストレーションを兼ねて、I社のB社長に研修をお願いしました。
 作業結果はベンチ用の長さ2mの杉の半割り12、テーブル用の5cm厚の杉板6枚。
ランドマークツリー下での来春の観桜会には立派な設備が用意出来るでしょう。
薪についても、用意していたクヌギとコナラの殆どを、大割出来ました。e0049740_21152237.jpg



 兵庫県は、数年前から「森林ボランテイア育成1万人作戦」と称して、森林ボランテイアの育成に力を入れています。そのPRに協力をせよと言うことでしょう、活動時に立てるのぼり5本を寄越しました。
 明るくなって、いいですね。



  大型のチェンソーを使った簡易製材機です。
e0049740_21273728.jpge0049740_21281768.jpg









e0049740_21284885.jpge0049740_21292727.jpg









e0049740_21334119.jpg

 アルミの角パイプで枠を組み、チェンソーを固定し、アルミのレールの上を、手押しで滑らせて行くという方式です。
本式の製材機のようにはスムーズに行きません。








e0049740_21401464.jpg

 時間はかかりますが、出来上がりは、本式の製材機と変わらず、見事なものです。







e0049740_21444918.jpg

 息を切らして、斧で薪割りをしていた身にとって、ガソリンエンジンを動力源とした薪割り機の威力は凄い!の一語に尽きます。
直径30cmのクヌギが小気味良く真っ二つに割れて行きます。




e0049740_21514953.jpg

 今日1日で薪の山が出来上がりました。








e0049740_21552349.jpg


 研修で、刈払機とチェンソーの手入方法についての疑問点も解消しました。






e0049740_21562328.jpg

 
(備忘録)
 刈払機の刃 255mm(10in)
       ヤスリ 7mm
       アサリダシ ④
 チェンソー丸ヤスリ4mm




<今日の生物>
   タマムシ(ヤマトタマムシ)           サワガニ
e0049740_2251661.jpge0049740_2253965.jpg











e0049740_2295857.jpg
  タラノキ(ウコギ科)

 作業小屋から直登コースの登り始め、左側に沢山、大きくなりかけています。
旨い天ぷらを食べたければ、踏みつけないように。



 牧の台小学校の3年生が笹を刈ってくれた後の、定点観測地の様子です。植生調査をしなければなりませんね。(拡大します)
e0049740_2217336.jpg


<8月21日(火)>桜の森77  炭切り・製材準備・種埋め  
8時30分~14時
 今日の参加者7名、少数精鋭。少ない時には、昼食時など、話がうまく回転し、いつもより、より和やかな雰囲気になるような気がします。
31日にベンチ等の製作のための製材をしますが、その準備が出来ました。e0049740_18322061.jpg
 
 1月に伐倒したままだったスギを引き出し、作業場に集結させました。
滑車を上手く使って、ウインチの力を存分に発揮させています。




e0049740_18343541.jpg

 こんなに沢山あるとは思わずに来られるだろうな・・・とは昼食時の話題です。





e0049740_18404657.jpg
 エドヒガンの種を、直蒔き風に砂の中に埋めて春を待ってみることにしました。
エドヒガンの種は小屋のそば、ランドマークツリーの2本から採取し、これまで冷蔵庫で保管していたものと砂の中で保管していたもの、4種類に区分して埋めてあります。
下図はその配置図です。拡大出来ます。

e0049740_18464714.jpg
e0049740_18534262.jpg


 10kgの注文を頂いていたお茶炭がやっと揃いました。
遅くなった分、少しサービスです。
明日、納品します。





e0049740_1856477.jpge0049740_18563344.jpg









  少し時間があったので、久し振りに3号路から4号路の折り返しまで登って見ました。
    蔓の枯れたのが落ちています。       台風でしょうか、木が倒れています。e0049740_2033355.jpge0049740_2052147.jpg








  
  折り返し点の『桜の園』の状況。拡大します。手を入れなければならない所が一杯!
e0049740_2091424.jpg

<今日の生物>
  オオセンチコガネ                 これは何!?何方かご存知ですか?e0049740_20155526.jpge0049740_20165033.jpg














e0049740_20193696.jpg オモダカ(オモダカ科)
 公民館までの道、棚田で咲いていました。
葉に特徴があります。
鋭い矢じり形をしていて、戦に勝つ花として武士に好まれていたとか、武家の紋章にも使われていたそうです。
e0049740_9163839.jpg

e0049740_20341036.jpg コマツナギ(マメ科)
草のように見えますが、木本です。
茎が大変強く、駒を繋いでも耐えられるところから、ー駒繋ぎーが由来だそうです。
e0049740_9181022.jpg


<8月17日(金)>桜の森76  炭切り・エドヒガン苗床つくり・スギ伐倒 
8時30分~14時
 猛烈な暑さが続いています。昨日は74年ぶりの国内最高40.9度を、多治見市と熊谷市で記録したとのこと。
桜の森の朝は、涼風が吹き、とても気持ち良く清々しい感じです。・・・でも・・・、それはじっとしている限りにおいてです。ハンモックを張り、昼寝でもしていれば最高でしょうが、作業を始めると汗が噴出してきます。
e0049740_1874630.jpg

 31日の活動日に製材機のデモがあるのでスギを1本、伐っておくことにしました。5人がかりで午前中に終わらず少し残業?になりました。

 狙った所へ倒す為にロープをかけます。
一柱梯子の最上段に立って、地上8m近くにロープをかけようとしています。





e0049740_1861624.jpg

直径50cmを超える部分で伐ろうとしているため、刃渡り30cmのチェンソーでは苦労します。
アマチュアがこんなことをすること自体 ? ではあるのですが・・。









e0049740_18192379.jpg

 伐倒したものを2mに玉切りし運び出す。この作業が大変。ウインチだけでは力不足で、キャタピラ車も使います。
 集め終えた時には、全身汗グッショリ。タオルを絞れば、汗がザ~は少しオーバー?

 実は、スギの伐倒にかかる前に、ハプニングがありました。マムシ退治です。


e0049740_7281510.jpg
 スギの側の枯れ枝の下で眠っていたんでしょうね。私達の動きを察知したのが遅すぎて、逃げるところを捕まってしまいました。菊炭友の会のメンバーは優しい人が多く、逃がしてやろうとの声もありましたが、結果的に打首になりました。
そのことを、山の神さまに報告する為、何時ものエノキの下に死骸を祭りました。
e0049740_18384682.jpg
 報道カメラマンはスギの伐倒班で作業をしており、炭切りや、他の作業の写真をとるチャンスを逃してしまいました。
 唯一、撮れたのが左の写真。
エドヒガンの種の一部を直植えしてみようと言うことになり、その苗床を作りました。
 種は、次の活動日に蒔く事にしたそうです。



<8月7日(火)>桜の森75  下草刈・薪調整・炭切り・他
8時30分~13時            e0049740_17364779.jpg


 やはり、柱は真直ぐ立っている方が落ち着きますね。
主柱だけでなく全ての柱が真直ぐになりました。
 曲がったことはキライなんですネ。


e0049740_1739090.jpg












e0049740_17405147.jpg


 プロが見ると、不充分な箇所が沢山あるようで、用具が揃った時には、それなりに新たな作業が始まります。






e0049740_1745428.jpg 


草刈です。公民館までの道が綺麗になりました。??








e0049740_17551311.jpg

炭切が遅れ、10kgのお茶炭が未納です。
次回、活動日で完了したいですね。
炭の太さが旨く揃いません。
窯の中のを出したくなりました。 


この冬納期の薪の注文が大量に入っています。
e0049740_1756787.jpg













 

by cn1397 | 2007-08-07 16:40 | 2007年8月活動記録 | Comments(0)